Jenkins入門【2.0対応】 - オープンソースCIツール(2)

Jenkins入門【2.0対応】 - オープンソースCIツール(2)

Jenkinsでテストを実行してみよう+Rubyテストの基礎(RSpec&Turnip使用)

2016年6月15日 改訂 (初版: 2013/12/04)

Jenkinsを使って小さなテストを自動実行して、開発スピードを飛躍的に向上させよう。また、MacでのRuby/Rails環境の構築方法から、テストフレームワーク「RSpec」とインテグレーションテスト環境「Turnip」を使ったテストの書き方までを解説する。

山本 和久(Hatena::Diary
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回の記事を読んでJenkinsの環境を構築することはできただろうか? 今回は簡単なサンプルアプリケーションの作成を行ってみようと思う。同時に、Rubyの標準的なテストフレームワークのRSpecと、インテグレーションテスト環境であるTurnipを使ったテストの書き方を解説する。作成したテストを、Jenkinsを使って自動実行できるようになれば、あなたの開発スピードは飛躍的に向上することだろう。

Railsの開発環境を構築しよう

 2013年10月にリリースされたMac OS X 10.9(通称Mavericks)は、Rubyプログラマーにとって素晴らしい開発環境を提供してくれた。なんと標準の状態で2.0系の新しいRubyが利用できるのだ。追加インストール無しで最新のRubyを触れるのは非常に魅力的だが、今後のRubyのリリースを考えて「RVM」や「rbenv」というRuby実行環境を管理してくれるツールをインストールしておこう(以下のインストール例は、執筆時点で最新バージョンのOS X El Capitanで行ったものである)*1

 RVM(Ruby Version Manager)rbenvは、Rails(Ruby on Rails)開発で広く使われている実行環境管理ツールだ。機能はほぼ同じなので周りにRubyプログラマーがいれば、その人が使用している方に合わせるのがよいだろう。ここではrbenvを利用して開発環境を構築してみようと思う。なお、Ruby環境をすでに構築済みの場合は、「アプリケーションの作成とテスト」の章まで読み飛ばしてよい。

  • *1 編集部註: 本稿ではMacを使っているが、Ruby環境さえインストールしてしまえば、「アプリケーションの作成とテスト」はLinuxやWindowsでも同じ手順で本稿の内容を試せる(本稿ではLinux/Windows環境へのRuby&Rails環境のインストール方法の説明は割愛する)。ちなみにWindowsについては、今夏リリース予定のWindows 10 Anniversary UpdateでBashが使えるようになるので状況が変わってくる可能性があるが、現時点ではインストーラーを使ってRuby環境を構築するのが一般的である。一方、本稿の「Jenkinsでのテスト実行」は、rbenvをインストールしておくことが前提となっているので注意してほしい(つまりWindows向けのインストーラーを使った場合は試せない)。

rbenvのインストール

 rbenvは、前回も利用したHomebrewを使って簡単にインストールできる。

Bash
$ brew update
$ brew install rbenv ruby-build
リスト1 rbenvをインストールするためのコマンド

ruby-buildをインストール済みで最新化したい場合は、brew installの部分をbrew upgradeに変えて実行すればよい。

 ターミナルに上記のコマンドを入力してしばらく待つとインストールが完了し、次のように表示される。

Bash
$ brew install rbenv ruby-build 
==> Installing dependencies for rbenv: openssl, ruby-build 
==> Installing rbenv dependency: openssl 
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/openssl-1.0.2h_1.el_capitan 
######################################################################## 100.0%
==> Pouring openssl-1.0.2h_1.el_capitan.bottle.tar.gz 
==> Caveats 
A CA file has been bootstrapped using certificates from the system 
keychain. To add additional certificates, place .pem files in 
  /usr/local/etc/openssl/certs 

and run 
  /usr/local/opt/openssl/bin/c_rehash 

This formula is keg-only, which means it was not symlinked into /usr/local. 

Apple has deprecated use of OpenSSL in favor of its own TLS and crypto libraries 

Generally there are no consequences of this for you. If you build your 
own software and it requires this formula, you'll need to add to your
build variables:

    LDFLAGS:  -L/usr/local/opt/openssl/lib
    CPPFLAGS: -I/usr/local/opt/openssl/include

==> Summary
/usr/local/Cellar/openssl/1.0.2h_1: 1,691 files, 12M
==> Installing rbenv dependency: ruby-build
==> Downloading https://github.com/rbenv/ruby-build/archive/v20160426.tar.gz
Already downloaded: /Library/Caches/Homebrew/ruby-build-20160426.tar.gz
==> ./install.sh
/usr/local/Cellar/ruby-build/20160426: 215 files, 124.6K, built in 1 second
==> Installing rbenv
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/rbenv-1.0.0.el_capitan.bott
######################################################################## 100.0%
==> Pouring rbenv-1.0.0.el_capitan.bottle.tar.gz
==> Caveats
Rbenv stores data under ~/.rbenv by default. If you absolutely need to
store everything under Homebrew's prefix, include this in your profile: 
  export RBENV_ROOT=/usr/local/var/rbenv 

To enable shims and autocompletion, run this and follow the instructions: 
  rbenv init 
==> Summary 
/usr/local/Cellar/rbenv/1.0.0: 36 files, 61.9K 
rbenvのインストール内容の出力(ターミナル画面)

 次にホームディレクトリに存在する「.bash_profile」に次の行を追加する。

.bash_profile
PATH="$HOME/.rbenv/shims:$HOME/.rbenv/bin:$PATH"
eval "$(rbenv init -)"
リスト2 rbenvを使うために必要な設定(.bash_profile)

 rbenvコマンドを実行して、次のように表示されれば成功だ。

Bash
$ rbenv
rbenv 1.0.0
Usage: rbenv <command> [<args>]

Some useful rbenv commands are:
   commands    List all available rbenv commands
   local       Set or show the local application-specific Ruby version
   global      Set or show the global Ruby version
   shell       Set or show the shell-specific Ruby version
   install     Install a Ruby version using ruby-build
   uninstall   Uninstall a specific Ruby version
   rehash      Rehash rbenv shims (run this after installing executables)
   version     Show the current Ruby version and its origin
   versions    List all Ruby versions available to rbenv
   which       Display the full path to an executable
   whence      List all Ruby versions that contain the given executable

See `rbenv help <command>' for information on a specific command.
For full documentation, see: https://github.com/rbenv/rbenv#readme
rbenvコマンドの実行結果

Rubyのインストール

 無事、rbenvのインストールが完了したら、rbenv経由でRubyをインストールしてみよう。今回は(執筆時点で)最新版のRuby-2.3.1をインストールしてみる。

Bash
$ rbenv install 2.3.1
リスト3 Rubyをインストールするためのコマンド

 上記のコマンドを入力してしばらく待つと、次のメッセージが表示される。

Bash
Downloading ruby-2.3.1.tar.bz2...
-> https://cache.ruby-lang.org/pub/ruby/2.3/ruby-2.3.1.tar.bz2
Installing ruby-2.3.1...
Installed ruby-2.3.1 to /Users/yamamotokazuhisa/.rbenv/versions/2.3.1
Rubyインストール中の出力内容

 次のコマンドで、Rubyがインストールされていることを確認する。

Bash
$ rbenv versions
* system
  2.3.1
リスト4 インストール内容の確認

 うまくインストールされているのが確認できたら、デフォルトでruby-2.3.1を利用するように設定変更を行う(リスト5)。

Bash
$ rbenv global 2.3.1
リスト5 ruby-2.3.1をデフォルトで利用するための設定

アプリケーションの作成とテスト

 Rubyがインストールされ、アプリケーションを開発する準備が整った。次は簡単なアプリケーションを作成してみる。

アプリケーションの作成

 次のコマンドを入力し、ユーザー管理アプリケーションを作成してみよう。

Bash
1
2
 
3
4
5
6
$ gem install rails
$ rails new circle -T
$ cd circle
$ rails g scaffold user name:string age:integer
$ rake db:migrate
$ rake db:test:prepare
$ rails s
リスト6 アプリケーションを作成するためのコマンド
  • 1RubyGemsからRailsをインストール。
  • 2「circle」というプロジェクトをテスト無しで作成。
  • 3userメンテ画面を、scaffold機能を使用して作成。
  • 4DBの作成。
  • 5テスト用DBの作成。
  • 6アプリケーションサーバーの起動。

 アプリケーションサーバーを起動した後、Webブラウザーで次のアドレスを開くと、scaffoldで作成されたWebページが表示される(図1)。

  • http://localhost:3000/users
図1 Railsのscaffoldにより作成されたWebページの表示例
図1 Railsのscaffoldにより作成されたWebページの表示例

RSpecのセットアップ

 テストフレームワークのRSpecをセットアップするために、scaffold機能で生成されたcircleフォルダー直下のGemfileファイルを編集して「rspec-rails」というGemの設定を記述しよう。

Gemfile
source 'https://rubygems.org'

# Bundle edge Rails instead: gem 'rails', github: 'rails/rails'
gem 'rails', '4.2.6'

……中略……

# Use debugger
# gem 'debugger', group: [:development, :test]

# 1
group :development, :test do
  # Call 'byebug' anywhere in the code to stop execution and get a debugger console
  gem 'byebug'
  gem 'rspec-rails'
end

……後略……
リスト7 Gemfileの一番下に必要なGemを追記

Gemfileはcircleプロジェクト作成時に、プロジェクトのルートディレクトリ内に生成されている(例えば「/Users/<ユーザー名>/circle/Gemfile」というパスになる)。

  • 1一番下にdevelopmenttestの環境を指定して、「rspec-rails」というGemを設定。

 次にGemの更新を行う。

Bash
$ bundle install
Gemを更新するためのコマンド

 次にRSpecのセットアップを行う。

Bash
$ rails generate rspec:install
RSpecをセットアップするためのコマンド

 プロジェクトディレクトリの下にspecディレクトリができたのが確認できると思う。

 また設定ファイルとして.rspecも作成されるので、そのファイル内容を次のように修正しておこう。

Bash
 
1
--color
--format documentation
リスト8 RSpecの出力フォーマットをドキュメント形式に変更する(.rspec)
  • 1--format documentationを追加。

 このフォーマット指定を行うことで、テスト実行時に、より詳細な情報が表示されるようになる。

アプリケーションの修正とユニットテストの作成

 scaffold機能で作成したアプリケーションのUserモデルを若干改造しつつ、テストを書いてみよう。

 まずUserモデルに対して次のバリデーションを追加する。

Ruby
 
 
 
1
 
 
 
2
 
class User < ActiveRecord::Base
  validates :name,
    presence: true,
    length: {maximum: 20}
  validates :age,
    presence: true,
    numericality: {greater_than_or_equal_to: 0,
                      less_than_or_equal_to: 1000}
end
リスト9 バリデーションの追加(app/models/user.rb)
  • 1必須入力および「入力値の最大文字数が20であること」。
  • 2必須入力および「入力値が0~1000の範囲であること」。

 次にUserモデルのテストを記述する*2。モデルを作成してからRSpecを導入したので、テストファイルはまだ存在しないため、リスト10に示すファイルは自分で作成する必要がある。

Ruby
require 'rails_helper'

describe User do
  context '何も入力しなかった場合' do
    subject { User.create }
    it { should_not be_valid}
    it { expect(subject.errors[:name].size).to eq 1 }
    it { expect(subject.errors[:age].size).to eq 2 }
  end

  context '名前が文字数をオーバーしている場合' do
    subject { User.create(name: 'aaaaaaaaaabbbbbbbbbbc',age: 10) }
    it { should_not be_valid }
    it { expect(subject.errors[:name].size).to eq 1 }
    it { expect(subject.errors[:age].size).to eq 0 }
  end

  context '年齢が範囲を超えている場合' do
    subject { User.create(name: 'taro',age: 1001) }
    it { should_not be_valid }
    it { expect(subject.errors[:name].size).to eq 0 }
    it { expect(subject.errors[:age].size).to eq 1 }
  end

  context '正常なデータがセットされた場合' do
    subject { User.create(name: 'taro',age: 20) }
    it { should be_valid }
  end
end
リスト10 バリデーションをテストするコード(spec/models/user_spec.rb)

なお、spec/modelsフォルダーは自分で作成する。

  • *2 実際には、本稿のサンプルで書いているような細かなレベルのテストは書かなくてよい。なぜならRailsのバリデーション機能自体をテストしているようなものだからだ。本来は、モデルに実装した独自のメソッドが正しく動作していることに注力してテストを書くべきである。

 さて、ここまでできたらアプリケーションを実際に動かしてみよう。前掲の図1にある[New User]リンクをクリックすると、新規ユーザーのデータ登録用ページが表示される。ここで何も入力せず[Create User]ボタンを押すとどうなるだろうか?(図2を参照)

図2 何も入力せず[Create User]ボタンを押すとエラーの箇所が赤くなる
図2 何も入力せず[Create User]ボタンを押すとエラーの箇所が赤くなる

モデルに設定したバリデーションが正しく機能しているのが確認できる。

 RSpecを実行すると、Userモデルのバリデーションのテストが実行される(リスト11)。

Bash
$ bundle exec rspec

User
  何も入力しなかった場合
    should not be valid
    should eq 1
    should eq 2
  名前が文字数をオーバーしている場合
    should not be valid
    should eq 1
    should eq 0
  年齢が範囲を超えている場合
    should not be valid
    should eq 0
    should eq 1
  正常なデータがセットされた場合
    should be valid

Finished in 0.04793 seconds (files took 1.87 seconds to load)
10 examples, 0 failures
リスト11 バリデーションが正しく動作しているかテストした結果

プロジェクトのルートディレクトリでこのコマンドを実行する。

インテグレーションテストの作成

 Railsでの開発においてインテグレーションテスト(=結合テスト)は、長らく「Cucumber」(キューカンバー)というフレームワークが使用されてきた。Gherkin(ガーキン)記法という非エンジニアにも読みやすい書き方でテストを記述できる半面、RSpecとは全く別の仕組みで実行しなければならず、Jenkinsで実行するにはやや手間がかかる仕組みだった。

 しかし、最近はRSpecからGherkin記法で記述したテストを実行できる「Turnip」(ターニップ)というフレームワークが登場し、注目を集めている。ここではTurnipを使用して簡単なテストを書いてみようと思う。

 まず、GemfileにTurnipの動作に必要なGemを追記する(リスト12)。

Gemfile
 
 
 
 
 
 
 
1
2
 
 
 
source 'https://rubygems.org'

……中略……

group :development, :test do
  gem 'byebug'
  gem 'rspec-rails'
  gem 'capybara'
  gem 'turnip'
end

……後略……
リスト12 Gemfileに必要なGemを追記
  • 1仮想的なWebブラウザーでテストを行うために必要。
  • 2Gherkin記法でRSpecを書くことができるフレームワーク。

 RSpecを追加したときと同様にbundle installを行っておこう(リスト13)。

Bash
$ bundle install
リスト13 Gemを更新するためのコマンド

 次にrspecコマンドでfeatureファイル(=feature:機能、scenario:シナリオ、step:ステップというテスト手順をGherkin記法で記述したファイル)を実行できるよう、.rspecファイルを次のように修正する。

Bash
--require rails_helper -r turnip/rspec
--color
--format documentation
リスト14 先頭にturnip用の設定を追加する(.rspec)

 次に、rails_helper.rbファイルを次のように修正し、Turnipを実行できるようにしよう。

Ruby
# This file is copied to spec/ when you run 'rails generate rspec:install'
ENV["RAILS_ENV"] ||= 'test'
require File.expand_path("../../config/environment", __FILE__)
# Prevent database truncation if the environment is production
abort("The Rails environment is running in production mode!") if Rails.env.production?
require 'spec_helper'
require 'rspec/rails'

Dir.glob("spec/**/*steps.rb") { |f| load f, true}

require 'capybara/dsl'
require 'capybara/rspec'
require 'turnip'
require 'turnip/capybara'

……略……
リスト15 rails_helperの設定を変更しているところ(spec/rails_helper.rb)

 準備は整った。featureファイル(リスト16)と、それに関連するstepファイル(リスト17)を記述しよう。

Gherkin
# language: ja
機能: ユーザー管理
  ユーザー管理を行いたい。なぜならサークル活動に参加するメンバーを管理する必要があるからだ。

  シナリオ: 一覧画面から新規登録画面に移動する
    前提 ユーザー管理の一覧画面を開く
    もし "New User" リンクをクリックする
    ならば ユーザー管理の新規登録画面が表示される

  シナリオ: 登録画面で登録すると詳細画面に移動する
    前提 ユーザー管理の新規登録画面を開く
    もし "Name" に "アリス" と入力する
    かつ "Age" に "16" と入力する
    かつ "Create User" ボタンをクリックする
    ならば ユーザー管理の詳細画面が表示される
リスト16 日本語で記述したfeatureファイル(spec/features/users.feature)

なお、spec/featuresフォルダーは自分で作成する。

Ruby
step 'ユーザー管理の一覧画面を開く' do
  visit '/users'
end

step '画面を目視' do
  save_and_open_page
end

step ':name リンクをクリックする' do |name|
  first(:link, name).click
end

step ':name ボタンをクリックする' do |name|
  first(:button, name).click
end

step 'ユーザー管理の新規登録画面が表示される' do
  current_path = URI.parse(current_url).path
  expect(current_path).to eq '/users/new'
end

step 'ユーザー管理の詳細画面が表示される' do
  current_path = URI.parse(current_url).path
  expect(current_path).to eq "/users/#{User.last.id}"
end

step 'ユーザー管理の新規登録画面を開く' do
  visit '/users/new'
end

step ':field に :value と入力する' do |field, value|
  fill_in(field, :with => value)
end
リスト17 featureファイルに対応したstepファイルの記述内容(spec/steps/users_steps.rb)

なお、spec/stepsフォルダーは自分で作成する。

 さっそくTurnipを実行してみよう。

Bash
$ bundle exec rspec spec/features/users.feature

ユーザー管理
  登録画面で登録すると詳細画面に移動する
    ユーザー管理の新規登録画面を開く -> "Name""アリス" と入力する -> "Age""16" と入力する -> "Create User" ボタンをクリックする -> ユーザー管理の詳細画面が表示される
  一覧画面から新規登録画面に移動する
    ユーザー管理の一覧画面を開く -> "New User" リンクをクリックする -> ユーザー管理の新規登録画面が表示される

Finished in 0.14995 seconds
2 examples, 0 failures

Randomized with seed 59374
リスト18 Turnipを使用してインテグレーションテストを実行した結果

 もちろん次のようにrspecコマンド単独で実行すれば、ユニットテストとインテグレーションテストが同時に実行される。このシンプルさはJenkinsを実行するうえで大きな味方となってくれるだろう。

Bash
$ bundle exec rspec

ユーザー管理
  ……略……

User
  ……略……
  正常なデータがセットされた場合
    should be valid



Finished in 0.1589 seconds
12 examples, 0 failures

Randomized with seed 2748
全てのテストを実行した結果

Gitを使ったリポジトリの登録

 Git(ギット)は、CVSSubversionと同じく、プログラムのバージョンを管理するためのソフトウェアだ。この連載で細かく使用方法は説明しないが、JenkinsでCI(継続的インテグレーション)を行ううえで非常に重要なツールである。ぜひ使い方をマスターしておこう。

 ここでは先ほど作成したcircleアプリケーションをGitで管理することとする。リスト19のコマンドをcircleディレクトリで入力して、Gitのリポジトリを作成し、アプリケーションを登録しよう。

Bash
1
2
3
$ git init
$ git add .
$ git commit -m 'initial commit.'
リスト19 Gitのコマンドを実行しているところ

第1回で説明した手順どおりにXcodeに付属するコマンドラインツールをインストール済みであれば、Gitを使える状態になっているはずだ。

  • 1Gitのリポジトリを作成する。
  • 2全てのファイルをリポジトリに登録可能な状態に設定する。
  • 3リポジトリにコミット(=登録)したところ。

 今後、Jenkinsからはこのリポジトリを参照してテストを実行することとする。

Jenkinsでのテスト実行

 さて、アプリケーション単体でユニットテストおよびインテグレーションテストが実行できる状態になった。Jenkinsの設定を行い、テストを実行してみよう。

 まずはJenkinsを起動しよう。インストール方法および起動方法は第1回を参照してほしい。

プラグインの設定

 今回はGitリポジトリからソース一式をクローンして、rbenvでインストールしたRubyでテストを実行する。必要なプラグインを先にインストールしておこう。

 起動したJenkinsの左のメニューから[Jenkinsの管理]をクリックし、それによる表示されるページの[プラグインの管理]をクリックしよう。

 次に[利用可能]タブを選択し[フィルター]に「rbenv」と入力しよう(図3)。

図3 rbenv pluginを検索したところ

 「rbenv plugin」の[インストール]欄にチェックを付けて、[再起動せずにインストール]ボタンをクリックしよう。すると、次の画面のように表示される。

図4 rbenv pluginをインストールしているところ

 しばらく待つと、rbenv pluginがインストールされる。

 このようにJenkinsは豊富なプラグインをインターネット経由で手軽にインストールできる。他のプラグインをインストールするときも同じ方法なので覚えておこう。

ジョブの作成

 前回同様、メニューの[新規ジョブ作成]をクリックし、新しいジョブを作成する。今回は[ジョブ名]に「circle」と入力し、[フリースタイル・プロジェクトのビルド]を選択して[OK]ボタンを押そう(図5)。

図5 新しいジョブを作成しているところ

 次にジョブの設定を行おう。

 まずはソースコード管理の設定を行う。

 これには図6のように、[ソースコード管理]タブを開いて[Git]を選択し、[Repository URL]にGitのリポジトリを作ったディレクトリを入力しよう。今回はRailsプロジェクトのディレクトリを指定すればOKだ。

図6 ソースコード管理の設定を行っているところ

 次はビルド環境とビルドの設定を行おう。これには図7のように、[ビルド環境]の中にある[rbenv build wrapper]をチェックし、[The Ruby version]欄には今回使用するRubyのバージョンである「2.3.1」を入力する。本稿の説明どおりにHomebrew経由でrbenvをインストールした場合は、[Preinstall gem list]の[高度な設定...]から[RBENV_ROOT]にデフォルトの「$HOME/.rbenv」ではなく「$HOME/.rbenv-jenkins」など別のディレクトリを指定して、Jenkins専用のrbenvを新たにGitリポジトリからインストールし直す必要がある。というのも、Homebrewがインストールした.rbenvフォルダー内にはbinフォルダーが存在しないなど、Gitリポジトリからrbenvをインストールした場合とディレクトリ構造が異なり、rbenv pluginがGitリポジトリからのインストールが前提となっているので、この構造の違いが原因となってエラーが発生してしまうからだ。

図7 「ビルド環境」と「ビルド」の設定を行っているところ
  • 1使用するRubyのバージョンを入力。
  • 2RBENV_ROOTのパスは「$HOME/.rbenv-jenkins」と入力する。

 次に[ビルド環境]タブを開いて[ビルド手順の追加]セレクトボックスの中から[シェルの実行]を選択して、次のシェルスクリプトを入力しよう。

Bash
bundle install
bundle exec rake db:migrate
bundle exec rake db:test:clone
bundle exec rspec
リスト20 Jenkinsにより実行するシェルスクリプト

 お気づきだと思うが、ここで入力しているシェルスクリプトは、今までの開発中に入力したコマンドと同じである。開発中に何度も入力するコマンドを登録しておくだけで、Jenkinsが実行してくれるようになるわけだ。すばらしい!

 シェルスクリプトの入力が終わったら[保存]ボタンを押しておこう。

ジョブの実行

 さて、お楽しみの時間がやってきた。登録したジョブをさっそく実行してみよう。

 Jenkinsのトップ画面からcircleジョブの実行ボタンを押してみよう(図8)。

図8 ジョブの実行ボタンを押しているところ

 今回のジョブの処理は簡単なものなのですぐに終了すると思う(ただし初回は時間がかかる場合もある)。連載第1回の内容を思い出して実行結果を確認してみよう(図9)。うまくテストが実行されただろうか?

図9 ジョブのビルド履歴から最新のものをクリックして内容を確認したところ

 テストが成功すれば青色のボール*3が表示され、失敗すれば赤色となる。

  • *3 テストの成功といえば青ではなく緑なのではなかろうか? 当然の疑問である。われわれ日本人は緑色の信号を「青信号」と言い、「青々とした緑が生い茂る」という謎の表現を平気で使う。そしてJenkinsの作者の川口氏は日本人である。こう考えれば青色のボールにも合点がいくのではないだろうか(注:筆者の妄想)。

自動実行

 Gitリポジトリを監視することで、コミットされたら自動的にテストが実行されるように設定してみよう。

 先ほど作成したジョブの[設定]をクリックし、[ビルド・トリガ]タブの中にある[SCMをポーリング]にチェックを付けよう。スケジュールにはcrontab形式でポーリング時間を入力する(図10)。

図10 ビルド・トリガの設定画面

 例えば5分ごとにコミットを確認するには、次のように入力する。

Bash
H/5 * * * *
リスト21 スケジュールの設定(「5分ごと」を意味する)

 新たな変更をコミットしてしばらく待つとテストが実行されるはずだ。

まとめ

 アプリケーションの作成からテストの記述、そしてテストの自動実行まで急ぎ足で解説したが、いかがだっただろうか? RSpecとTurnipを組み合わせたテストは、今後、Railsでのテスト環境の主流になると筆者は考えている。ぜひJenkinsと併せて習得してもらいたい。

 さて、開発マシンでJenkinsを動かしバックグラウンドでテストの自動実行を行うことで、開発効率が飛躍的に向上していることを感じ取れると思う。次回はJenkinsを使って、アプリケーションのデプロイを行う。堅牢なアプリケーションを素早くデプロイし、あなたの開発をより加速していこう!

1. Jenkinsをインストールして使ってみよう[Mac/Linux/Windows]

継続的インテグレーションツール「Jenkins」の使い方を基礎から解説する連載がスタート。初回は、Jenkinsの概要とインストール手順、簡単なジョブの登録方法を説明する。

2. 【現在、表示中】≫ Jenkinsでテストを実行してみよう+Rubyテストの基礎(RSpec&Turnip使用)

Jenkinsを使って小さなテストを自動実行して、開発スピードを飛躍的に向上させよう。また、MacでのRuby/Rails環境の構築方法から、テストフレームワーク「RSpec」とインテグレーションテスト環境「Turnip」を使ったテストの書き方までを解説する。

3. Jenkinsでアプリケーションをデプロイしてみよう

継続的インテグレーションの手順のうち、デプロイに焦点を当てて、テストの実行から、GitによるHeroku環境へのデプロイまでを自動化する方法を解説。Mac向けのGrowlを使って実行結果を通知する方法も説明。

4. Jenkins+Vagrantでテストを分散しよう

テストの分散は、環境を分けたい場合や速度を上げたい場合に役立つ。Vagrantで複数マシンのテスト環境を構築し、Jenkinsから複数マシンにまたがるテストジョブを実行してみよう。また、お勧めの便利なプラグインも紹介する。

5. Jenkins 2の新機能「Pipeline」を使ってみよう

何をやっているか分からない「Jenkinsおじさん」の作業を見える化しよう。Jenkins 2に新搭載されたPipelineを使えばパイプラインをコードで記述できるようになる。その基本的な使い方を解説。

イベント情報(メディアスポンサーです)

Azure Central の記事内容の紹介

Twitterでつぶやこう!


Build Insider賛同企業・団体

Build Insiderは、以下の企業・団体の支援を受けて活動しています(募集概要)。

ゴールドレベル

  • 日本マイクロソフト株式会社
  • グレープシティ株式会社