連載:Intel Perceptual Computing(PerC、RealSense) SDK入門

Intel Perceptual Computing SDK(現在はRealSense SDK)の概要と、それを利用したアプリの開発方法について解説する連載。【完結】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Intel Perceptual Computing(PerC) SDKの全体像

Intel Perceptual Computing SDKの概要と、それを利用したアプリの開発方法について解説する連載スタート。今回はセンサーモジュールの仕様や、SDKの概要、Intel社の3Dセンシング技術などについて紹介。

Intel Perceptual Computing(PerC) SDKの概要と環境構築

PerC SDKの開発環境やアーキテクチャ、インストール方法について解説。またSDKに含まれているサンプルを紹介することで、PerCが提供する機能について見ていく。

Colorカメラを使って顔を検出する

Intel Perceptual Computing SDKを使ったアプリの開発方法を解説。Webカメラでも行える顔検出を実装してみよう。

Depthカメラを使って手指を検出する

PerC SDKの最大の特長である「手指の検出」を解説。Depthカメラのデータを取得する方法も説明する。

無償で簡単にアプリに組み込める「音声認識&音声合成」

マイクに向かってしゃべると音声をテキスト化する「音声認識」や、テキストを音声データに変換する「音声合成」をPC上のアプリで実現したい場合、無償のPerC SDKが便利だ。その開発方法を解説。

サイトからのお知らせ

Twitterでつぶやこう!