Angular TIPS

Angular TIPS

数値をパーセント形式に整形するには?(percent)

2017年9月11日

Angularで数値を%(パーセント)形式のテキスト表示に整形するための、percentパイプの基本的な使い方を説明する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【対応バージョン】 Angular 4以降。v4時点で執筆しました。

 数値をパーセント形式に整形するには、percentパイプを利用します。与えられた数値を100で除算し、その結果にパーセント文字を付与したものを返します。numberパイプと同じく、桁区切り文字や小数点以下の丸め機能も備えています。

[構文]percentパイプ

value | percent [: info]

  • value: 任意の数値
  • info: 桁数の設定

 以下に、具体的な例も見ておきましょう。

app.component.ts
import { Component } from '@angular/core';

@Component({
  selector: 'my-app',
  template: `
    <ol>
      <li>元の値:{{value}}</li>
      <li>percent(デフォルト):{{value | percent}}</li>
      <li>percent(桁数指定):{{value | percent : '3.1-2'}}</li>
    </ol>
  `,
})
export class AppComponent {
  value = 0.98765;
}
与えられた数値をpercentパイプで整形するためのコード
Webページとしてレンダリングされた表示内容
Webページとしてレンダリングされた表示内容

 引数infoには、「minInt.minFrac-maxFrac」の形式で整数/小数部の桁数を指定します。引数infoの構成要素に関する詳細は、別稿「TIPS:数値データに桁区切り文字を付与するには?」も参照してください。

[Note]ロケールによって結果は変化する

 percentパイプは、ロケール(地域情報)によって結果が変化するパイプです。ロケールの設定方法、また、ロケールを変更したときの結果については、後日別稿「TIPS:数値データを通貨記号付きの値に整形するには?(currency)」で解説の予定です。

処理対象:PIPE(パイプ) カテゴリ:基本
API:PercentPipe(percent) カテゴリ:@angular > common > PIPE(パイプ)

※以下では、本稿の前後を合わせて5回分(第18回~第22回)のみ表示しています。
 連載の全タイトルを参照するには、[この記事の連載 INDEX]を参照してください。

18. フォームの入力値をコンポーネントと同期するには?(双方向バインディング)

テンプレート上のフォーム入力値とコンポーネントのプロパティ値を双方向にバインドするTwo-way Bindingのバインディング構文を説明し、その仕組みを紹介する。

19. イベントハンドラーでイベント情報を参照するには?($event)

要素にイベントハンドラーをバインドするEvent Bindingで、その引数で得られるイベントオブジェクト「$event」から、イベントに関する詳細情報を取得する方法を説明する。

20. フォームへの入力値をイベントハンドラーで受け取るには?(テンプレート参照変数)

フォーム要素への入力値をイベントとして受け取る方法として、テンプレート参照変数を利用する方法を説明する。

21. 数値(単数/複数)によって表示を切り替えるには?(i18nPlural)

Angularで数値によってテキスト表示内容を切り替えるための、i18nPluralパイプの基本的な使い方を説明する。

22. 【現在、表示中】≫ 数値をパーセント形式に整形するには?(percent)

Angularで数値を%(パーセント)形式のテキスト表示に整形するための、percentパイプの基本的な使い方を説明する。

サイトからのお知らせ

Twitterでつぶやこう!


Build Insider賛同企業・団体

Build Insiderは、以下の企業・団体の支援を受けて活動しています(募集概要)。

ゴールドレベル

  • グレープシティ株式会社
  • 日本マイクロソフト株式会社