【月別の記事一覧】

 2018年: 2月 1月
 2017年: 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 2016年: 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 2015年: 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 2014年: 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月 3月 2月 1月
 2013年: 12月 11月 10月 9月 8月 7月 6月 5月 4月

≫ 新着記事はこちら
≫ 全記事一覧はこちら

2017年11月の記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 過去記事 - 日付順

Build Insiderオピニオン:吉崎亮介(2)

Build Insiderオピニオン:吉崎亮介(2)
機械学習に必要なスキルセット

機械学習は全員が同じことを学べばよいわけではない。ビジネスサイドとエンジニアサイドに分けて、それぞれどういう目的で、どのようなスキルセットが必要なのかを説明する。

Angular TIPS

Angular TIPS
条件式の真偽に応じて出力を切り替えるには?(ngIf/else)

与えられた条件式に基づき要素の表示/非表示を切り替えるngIfディレクティブで用いる、「さもなければ」を意味するelse句と、テンプレートとして別出しするためのthen句の、基本的な使い方を説明する。

Angular TIPS

Angular TIPS
条件式に応じて要素を表示/非表示にするには?(ngIf)

与えられた条件式に基づき要素の表示/非表示を切り替えるngIfディレクティブの基本的な使い方を説明。また、ngIfディレクティブによる表示/非表示の挙動の特性と注意点も示す。

Deep Impression

Deep Impression
機械学習の作業がはかどる新ツール「Workbench」とは? TensorFlowやAWSも使える。Microsoft Tech Summit 2017

マイクロソフトが提供する機械学習向け新サービス&ツール。Azure、AWS、GCP、オンプレスミスなどに対応。TensorFlow、Chainerなどのディープラーニングフレームワークに、PyCharmやVisual Studio Codeなどのコードエディターも使える。

Angular TIPS

Angular TIPS
複数の要素を繰り返し出力するには?(ngFor)

配列の内容を順に出力できるngForディレクティブ(=ngForOfディレクティブ)と、ダミーのコンテナー要素(<ng-container>)を使うことで、複数の要素群をまとめて繰り返し出力する方法を説明する。

Angular TIPS

Angular TIPS
配列の内容を順に出力するには?(ngFor)

配列の内容を順に出力できるngForディレクティブ(=ngForOfディレクティブ)の基本的な使い方を説明。また、ngForディレクティブで利用できる特殊変数についてまとめる。

Wikitude SDKで「AR(拡張現実)」スマホアプリをお手軽開発[PR]

Wikitude SDKで「AR(拡張現実)」スマホアプリをお手軽開発[PR]
身の回りの3D物体を認識して、そこにAR(拡張現実)オブジェクトを表示する方法(Wikitude活用、Android編)[PR]

市販のドレッシングボトルを映せばレシピが提案されるアプリを、物体認識型ARで開発。物体ターゲットを認識すると、その物体空間に合わせてARオブジェクトを表示し、それをタップするとレシピページにジャンプする。

サイトからのお知らせ

Twitterでつぶやこう!